【報告レポ】「食養の土鍋 de お茶っこWS」で見つけた幻のお茶とは・・?!

お茶といったら、自分の好みの茶葉を購入していた私。

でも!めくるめくスバラシキ野草茶のオンパレードだったこのワークショップを境に、たぶんもうわざわざお茶を買うこともなくなる気がしています。だってとーーーっても美味しいんだもの!

しかも「なんじゃこりゃー!」と絶叫する人続出だった(←盛りすぎ?・笑)とある野草茶に至っては、巷の高価なハーブティーにも匹敵するくらいの美味しさでしたよ。

さて、その幻の野草茶とは如何に?!


11月11日㈯にピネムの森で開催した、「食養の土鍋 de お茶っこワークショップ」。

初開催にして募集開始から二日間で満員御礼。

“食養”を通した自然と共に生きる知恵への関心の高さが伺われますね。県外から遠くはるばるいらしてくださった方、お店をもってお忙しい中来てくださった方、お子さんや赤ちゃん(ワンちゃんも!)連れて来て下さった方もいて、本当に嬉しい限りです。


今回ナビゲーターを務めてくださった“ヨシヨシ”こと、住吉よしえさん。

私ちゃお&あっくんとは、私たちが八幡平に来る前に働いていた葛巻の「森と風のがっこう」で出会って以来の5年ほどのお付き合い。初対面当時から、ヨシヨシの太陽のような明るさとポジティブなエネルギーにいつも圧倒・・・、いや、感動していましたが、今回は(も)靴下からセーター、エプロンに至るまで、赤・オレンジ・ピンク率高めの出で立ち。迷子になっても秒速で発見できる、そんな素敵なお人でございます。

まずはヨシヨシ自ら採取してきてくれた野草茶の紹介。

一番手前が【野葡萄】、ここ八幡平では“ウマブドウ”ともいいますね。

そこから反時計廻りで、【まこも】、【つゆ草】、【クマザサ】。

真ん中の木舟に入っているのが【桑】で、

パッケージに入っているのが【黒焼玄米】。


お茶っこのおともとなる食材は、みんなでワイワイ下準備。

先ほど紹介した野草茶は、細かく刻みます。ちびっこも一緒にお手伝い♪

今回の舞台となるのは、ピネムのリビングにあっくんが作り上げた「ロケットストーブ」。

薪ストーブの上、そしてロケットストーブのドラム缶の上に、男鹿から持参してくださったヨシヨシ手描きの(!)土鍋がずらり並びました。圧巻!

ここでお茶っこのおともをグツグツ・・・。

野草茶はじっくり炒って、ピネムの泉の水を沸かして、これまたグツグツ・・・。

部屋中に、不思議と心が安らぐ心地良い香りが広がりました。

若杉ばあちゃんの食養でも人気のメニュー、「しぐれ味噌」。

ごぼう、人参、蓮根を土鍋でじっくり炒めます。

生姜と味噌で味を調えて出来上がり!

隣では焼きリンゴ、カボチャの蒸し煮、茹で小豆もいい香りに仕上がりました。

火を囲みながらみんなでおしゃべりしつつ、傍らでは子どもや赤ちゃんがキャーキャー言っていて。それを大人がにこにこ見守りながらも、手元ではどんどん美味しいものが出来上がっていく。

ああ、なんて素晴らしい光景なんでしょうね!

テーブルにはずらり土鍋が並び、そして人数分の数だけ持ってきてくれたヨシヨシ手描きのお皿とお茶カップも並びました!ヨシヨシワールド、全開です!ヨシヨシありがと~~~!

まこも茶、笹茶、桑茶、つゆ草茶、野葡萄茶、黒焼玄米茶の飲み比べ。

今日の私の体は、どのお茶がしっくり美味しく感じるか。

しみじみ味わいながら飲み比べてみました。


オモシロイくらいにみんなそれぞれ好みが別れ、例えば体が陽性に傾いていたあっくんは、黒焼玄米茶をなかなか体が受け付けず、笹茶を美味しいと感じるように。

味以外にも、飲んだそばから体がポカポカし始める人も続出。

私個人としては、人生で初めて飲んだ【つゆ草茶】が大大大ヒット!

澄んだ香りとうっすら甘くて何故かちょっとフルーティーな感じの飲み心地は、巷の高価なオーガニックハーブティーに匹敵するんじゃないか?!ってほどでしたよ。あいにく今の季節はつゆ草の収穫はもう終わりなので、私の心の中で“幻のお茶”となってしまったのですが、来年の春夏がまたひとつ待ち遠しくなりました。

そしてお茶っこのおともたち。

茹で小豆、カボチャの蒸し煮、焼きリンゴは、お塩のみで作ったとは思えないほど、それぞれの素材の甘みがぎゅ~っと引き出されていてびっくり。

ヨシヨシが作って来てくれた人参と大根の味噌漬けも、ほんの一枚でもしっかり味わえるほどの(そしてご飯をいっぱい食べたくなる!)いい塩梅の塩加減、しぐれ味噌も絶妙な美味しさでした。

体を温める陽性の食べ物、冷やす陰性の食べ物・・・といった陰陽のバランス。

根っこも皮も葉っぱもいのち丸ごと頂いて調理する一物全体の教え。

暮らしのすぐそばにある豊かな実りやいのちを頂く身土不二の心。


日々のしあわせも元気な体も心も、ほんの身近なところにその知恵がたくさん詰まっているものなんですね。大金を出さずとも、遠いところから持って来なくとも、ほんの少しの手間と、たわいもないおしゃべりと、誰かさんの笑顔、そしてこれら“食養”の生きる智慧があれば、きっと誰もが豊かな人生を送れるんだろうなあと、みんなの笑顔を眺めながら思いました。


すばらしい学びとしあわせな時間をつくってくれたヨシヨシ、どうもありがとうございました!

そして参加して下さった皆さんにもたくさんの感謝の気持ちを込めて。


ちゃお

(↑ ヨシヨシ作★松ぼっくりと落ち葉のアースアート。なんてステキ!)


-----------------------------------------------------


【おまけ】

今回宿泊された皆さんとの朝ごはん風景をパチリ★

朝ごはんメニュー:

・ほうとう汁

・昨夜の残り玄米ご飯、大根、ネギのお焼き

・春菊の白和え

・大根と生姜のきんぴら

・菊とカブと紅芯大根とリンゴのスダチドレッシングサラダ

・山葡萄のミキ蒸しパン

・花豆とリンゴの甘煮

・農園木星さん焼き芋

・クレソンとリンゴとミキのグリーンスムージー

お泊りして、みんなで食卓も囲んでると、最後はもう家族のような感じです♪

食後はみんなで栗の小枝でお箸作り!(私は爪楊枝)

ゆるやかな小枝の曲線が、不思議と手になじんで使いやすいのです。

小枝のお箸に見習って、私も丸くなりたいなあと思った朝でございました。

(体じゃなくて性格ね!笑)


ちゃんちゃん★

ピネムの森

「大地にも人にも感謝を込めて」

仲間たちが出会い、つながって
自分の居場所や役割に戻っていく

いつの間にか忘れていた、遠い記憶に触れる
アート溢れる暮らしの場でありますように

0コメント

  • 1000 / 1000