10/28【アイヌの神々の物語 アシリ・レラさんの「カムイ・ユーカラ」を聞く会】


アイヌのシャーマン「アシリ・レラ」さんが北海道からピネムの森に来てくださいます! 

今年で13年目となる、アシリ・レラさんによるアイヌの世界が映し出される

神々(カムイ)の物語(ユーカラ)。


口伝えでのみ語り継がれるこれらのお話しをレラさんから聞けるとても貴重な機会です。

アイヌ音楽を歌い奏でてくれる「まったり~ず ルーアプカシ UPOPO」の

お二人が繰り広げるアイヌの音色もどうぞお楽しみに!


 -------------------------------------------------------------------------------------- 

 【日程】2017年10月28日㈯ 15:00~17:00 

【場所】ピネムの森 【定員】20名 ※定員に達し次第締め切り

【持ち物】畳の部屋が会場となりますので、ひざ掛けを持参されることをお勧めします。

 【参加費】3,000縁 ※当日お支払いください。 

この日のためだけに作るピネム特製“森のおやつとお茶セット”付き! 

【駐車場】無料 

【お申込】pinemem@gmail.com 

①お名前、②ご連絡先、③参加人数(お子様含む)をメールに記載してください。

追ってこちらから返信いたします。

 ------------------------------------------------------------------------------------  

【アシリ・レラ】 「アシリ・レラ」はアイヌ語で「新しい風」の意。本名は「山道康子」。北海道二風谷生まれ。山道アイヌ語学校主宰。自然との共生を子どもたちに語り継ぎながら、一方では民族問題や環境保護活動、平和運動にも取り組み【沙流川を守る会】も運営。10人以上の実子・養子を育てている肝っ玉母さんでもある。世界中の先住民族たちとの交流も深い。  


【まったり~ず ルーアプカシ UPOPO】 曾祖母がアイヌであるエサシふっちゃんとトプマーボーの夫婦ユニット。アイヌ音楽を中心に数々の国内外イベントに参加。ふっちゃんの優しい歌声とマーボーのサイケデリックなエッセンスギターは若者から老人まで人気を得ている。

ピネムの森

「大地にも人にも感謝を込めて」

仲間たちが出会い、つながって
自分の居場所や役割に戻っていく

いつの間にか忘れていた、遠い記憶に触れる
アート溢れる暮らしの場でありますように

0コメント

  • 1000 / 1000