【報告レポ】真実を語るミキの会の巻


16日(土)は真実を語るミキの会です。赤ちゃんのように優しく研かれた無農薬米。ピネムのサークル内に設置された薪ストーブの上で、くるりくるりと回し、ミキは完成。


そして後半へ。真実を語ります。

自分の氏名を3回名乗たら、すりこぎを回して、それぞれが感じたことを話します。


トップバッターの

あっくんが受け取ったメッセージ

◆松本⇒ピネム(pinememのpineは英語で「松」の意味。)で、使命を(氏名)を得た。

◆男の人たちは謙虚になって、女性の力を借り、これからの時代をつくる。

◆ピネムで学んことを広めていくのも、僕の役割(使命)


叫んでいた自分にもびっくりしましたが、そんな役割いきなりくるんですか。。

という感じでした。


ピネムの森を始めたことで、

好きなことしか、だんだんと手につかなくなり、

趣味なのか仕事なのか分からない生業が起こり、

肩書もないが、家族と暮らしを大切にして、

悩みもなく、毎日幸せ。


場をつくりながら、手を使い、自然から学んだことや、

ちゃおさんと結婚してから、学んだことも数知れず。


自分自身を思い出し、場を再生するという人生のミッションを思い出し、

幸せな日々の中、そろそろ、イケテる男子たちも目覚めるときが来たなと。


参加者の方々も、自分自身と向き合いながら、じっくりしみじみと、心の声を感じていました。

自分の声にもっと耳を傾けて、無理をしないでもっと遊んで、とにかく自分を幸せにしてあげて❗

と感じた会でした。


とうとがなし

(ミキでつくったもっちりしたお菓子)


つづく



松本篤英(まつもとあつひで)♂ 

いわて八幡平市在住 宮崎県生まれ 。

3.11をきっかけに、15年間勤めた東京電力を退社し、

2011年 岩手県へと移住。

2012年〜2014年 『森と風のがっこう』で パーマカルチャー(エコロジカルデザイン)や環境教育、共同生活を体験

2014年〜2017年 いわて八幡平 地域おこし協力隊

2015年 ピネムの森 施設づくりを開始・起業、施設運営。

2017年 ピネムの森として独立

「さらに詳しい生い立ちや人生の葛藤を綴ったブログ」

ちなみに、 アースバッグ協会ワークショップの七期生です。  


facebook:https://www.facebook.com/akkyun0605

レターポット:https://letterpot.otogimachi.jp/users/41673


ピネムの森

「大地にも人にも感謝を込めて」

仲間たちが出会い、つながって
自分の居場所や役割に戻っていく

いつの間にか忘れていた、遠い記憶に触れる
アート溢れる暮らしの場でありますように

0コメント

  • 1000 / 1000