7/7 織姫と彦星は無事に出会った、「わらべうたの会」ご報告

晴天に恵まれた7/7の七夕。

岩手県内各地でわらべうたの魅力を伝える活動をされている「ポンちゃん」こと巣内さんをお招きして、ピネムで初めてのわらべうたの会を開きました。


午前は、親と子どもの時間。午後は、大人にこそ楽しんでもらいたい!大人の時間。

そんな癒しと感動の時間でした。

七夕にちなんだ歌や豊富なレパートリーの中から、飛び出す踊りや歌。


巣内さんの宝箱から出てくるたくさんの小道具たち。こちらは、「カッパのお歌」

お腹も減ってきた頃に、午後の部の大人たちも囲んで、みんなで昼食の時間。

ご近所の清美さんにもお手伝い頂いて、ずらりとならんだ、色とりどりのランチバイキング。

午後はまったりと大人たちの時間でした。大人だって癒されたい!

大人の部も終わる頃、裏庭のポプラの木から沢山の綿毛が舞い、植物のもつ美しさに触れ感動!

太陽からはレインボーの光が降りて来てました🌈

事前に巣内さんが準備してくれたたくさんの七夕飾りと、当日みなさんが願いを込めて、笹に飾った短冊。

みなさんの願いや思いは、7/9の満月の夜に、サークル内で天へと届けましたよー!

あっくん

ピネムの森

「大地にも人にも感謝を込めて」

仲間たちが出会い、つながって
自分の居場所や役割に戻っていく

いつの間にか忘れていた、遠い記憶に触れる
アート溢れる暮らしの場でありますように

0コメント

  • 1000 / 1000