岩手日報さんに掲載して頂きました!&やっと道路沿いに看板立てました

我が家は新聞をとっていない(テレビも見ない)のでこういう掲載関係はいつも近辺の方々からお知らせ頂いています。先日取材に来てくださった岩手日報さん。とても丁寧な取材をして頂き、白黒ページになるかもしれないしサイズも小さいと思います~・・・とおっしゃっていたような気がしていた割には、カラーでデカデカと!ありがとうございます。

県道45号線の道路沿いに、昨日やっと看板も取り付けましたよ。

ピネムは「八幡平パークランド」という別荘地内にあるので、その看板の横に設置させて頂きました。あっくんが森から頂戴した木に、私ちゃおが描いた看板を。片面には、小さなベニテングダケのキノコ付きです。

駐車場の看板も取り付けました!

駐車場の「P」をお花であしらったのですが、いざ設置してみたらとても見にくい!!!(笑)

敷地内は路駐OKですので、道路沿いにお車とめてくださいね。


看板設置が出来上がったのもオープン前日・・・というこのマイペースっぷり!

今からランチの仕込みです。ご予約いっぱい頂いていてうれしい限り。

皆さんにお会いできるのが楽しみです。


ちゃお


松本篤英(まつもとあつひで)♂ 

いわて八幡平市在住 宮崎県生まれ 。

3.11をきっかけに、15年間勤めた東京電力を退社し、

2011年 岩手県へと移住。

2012年〜2014年 『森と風のがっこう』で パーマカルチャー(エコロジカルデザイン)や環境教育、共同生活を体験

2014年〜2017年 いわて八幡平 地域おこし協力隊

2015年 ピネムの森 施設づくりを開始・起業、施設運営。

2017年 ピネムの森として独立

「さらに詳しい生い立ちや人生の葛藤を綴ったブログ」

ちなみに、 アースバッグ協会ワークショップの七期生です。  


facebook:https://www.facebook.com/akkyun0605

レターポット:https://letterpot.otogimachi.jp/users/41673


ピネムの森

「大地にも人にも感謝を込めて」

仲間たちが出会い、つながって
自分の居場所や役割に戻っていく

いつの間にか忘れていた、遠い記憶に触れる
アート溢れる暮らしの場でありますように

0コメント

  • 1000 / 1000