循環型の暮らし〜コンポストトイレ編 最終章〜


(現在製作中のコンポストトイレ小屋)


循環型の暮らしDIY☆ワークショップ~コンポストトイレ編 最終章~
を開催します!7月に行った『コンポストトイレ』の続きになります。
コンポストトイレとは・・・水や電気を使わず微生物の働きで排泄物を分解するトイレ。
------------------------- 
 【主なワークショップ内容】
・コンポストトイレ本体づくり、排水処理
・土壁部分装飾(ペイントなど)
・床部分の仕上げ
・窓の取っ手、扉 
・ペーパーホルダー、鏡とりつけ
・使用中看板 
・入り口へのアプローチ など
※天候や参加者によって作業内容は変更します。 
【日 程】   2016年9月25日(日)〜9月29日(木) 
      10時ごろ~17時ごろ
      ※日帰り参加もOK
【対象】  持続的な暮らしやナチュラルビルド、パーマカルチャーなどに興味のある方(昼食準備のため、2日前に申し込み下さい)
※お弁当を準備予定 
     
【開催地】  岩手県八幡平市 ピネムの森(岩手県八幡平市松尾寄木2−70−48) 
【講師】美術家 小池 雅久さん(RIKI-TRIBAL Sustainable Art Work)
過去の作品についてはこちら
モノづくりに対する思いや今に至る背景、
これからの活動などについて短い文の中で、
よくまとめられています。
http://nagano-citypromotion.com/nagalab/people/people3227/ 
※「ナガラボ」参照。

 
【参加費】  ドネーション式(食費は実費ご負担:朝500円/昼500円/夜1,000円)
※参加者自身が自分の判断で、参加費を決める仕組みです。
【宿泊】  3,000円(朝・夕食を含む。)
    ※男女別、全4部屋のため相部屋あり 
    ※洗濯機、洗剤は使用可能です。
    ※共有の干場、ハンガー、洗濯バサミあり 



はじめての方で「いいね!」と思っていただけましたら、一押しお願いします。


松本篤英(まつもとあつひで)♂ 

いわて八幡平市在住 宮崎県生まれ 。

3.11をきっかけに、15年間勤めた東京電力を退社し、

2011年 岩手県へと移住。

2012年〜2014年 『森と風のがっこう』で パーマカルチャー(エコロジカルデザイン)や環境教育、共同生活を体験

2014年〜2017年 いわて八幡平 地域おこし協力隊

2015年 ピネムの森 施設づくりを開始・起業、施設運営。

2017年 ピネムの森として独立

「さらに詳しい生い立ちや人生の葛藤を綴ったブログ」

ちなみに、 アースバッグ協会ワークショップの七期生です。  


facebook:https://www.facebook.com/akkyun0605

レターポット:https://letterpot.otogimachi.jp/users/41673


ピネムの森

「大地にも人にも感謝を込めて」

仲間たちが出会い、つながって
自分の居場所や役割に戻っていく

いつの間にか忘れていた、遠い記憶に触れる
アート溢れる暮らしの場でありますように

0コメント

  • 1000 / 1000