元・東電社員によるリノベーション。心強いのは「電気工事」だけじゃなかった。



ここ最近ずっと土日関係なく連日ピネムにこもってリノベーションにかかりきりの私たち。
仕事後のアイス率が急激に上昇しています。これまで単品買いでしたが箱買いになりました。

今日はそんなピネムの近況報告です。




とにもかくにも、トイレ工事を終わらせないと人も呼べない状況なのですが、いかんせん発注した便器が到着していないので工事が進みようもなく。
キッチンも同時進行で進めています。

このキッチンがまた曲者でした。100枚単位のお皿が出てくる出てくる・・・。
油汚れが染み付いた業務用ステンレスの調理台を磨いたり、不要物を撤去したり、長年蓄積されたカメムシの死骸を片付けたり(泣)、ペンキ塗る前の養生テープを張り巡らしたり。写真で紹介するまでもないほどの地味作業の連続。ペンキ塗りって、養生テープ張りと実際の塗りは、8:2くらいなんじゃないでしょうかね。

天井はちゃおにより「ピンク」に即決。


↑ホントはもっと濃い目希望なのですが。




大量の不燃物は軽トラで市の清掃センターへ。
断捨離マスターのあっくん、全く躊躇することなくガンガン軽トラに乗せていきます。

・・・が!



軽トラに山積みのゴミの中から大量の昭和懐かし系レコード発見。
危なくあっくんに捨てられるところを救助。
ほこりだらけのレコードを拭きながら、「へんみまりは可愛いなあ」とか「どうしてこの人は七三分けを選んだんだろう」とか、ひとりいろんな想いを巡らせます。



そんな中あっくんはブレーカー工事。10年以上使われていなかった建物なので相当いろいろ痛んでます。このブレーカー工事に始まり、配電工事など電気に関わること全部ひとりでやっちゃうから頼もしい。ホームセンターで買い足す部品も使ってる電気工具も私には未知の世界過ぎて、私に出来ることといったら作業用BGMに昭和懐メロを傍で口ずさむくらいです。

東電で配電を主な仕事としていたあっくん、電気工事は本当にお手の物

断捨離マスター兼配電マスター。
やはり一家に一台(人)あると便利です。



今日はトイレの和式便器をぶち壊し、洋式用に下水の排水管の取り付け。



さらにトイレの床材(断熱マット等)を敷きました。
断捨離、電気工事に次いでトイレ工事までこなしていやがります。
何なんですかこの人は。


あっくんが消費している体力・気力が枯れ果てないよう、しっかりエネルギーつけられるような献立でご飯を作る今日この頃です(と言いつつ山菜だらけのガッツがでない夕食の際にはあっくんより軽いクレーム有り)。



ちゃお (山菜は小鉢でちょっと出しがポイントらしいです)

ピネムの森

「大地にも人にも感謝を込めて」

仲間たちが出会い、つながって
自分の居場所や役割に戻っていく

いつの間にか忘れていた、遠い記憶に触れる
アート溢れる暮らしの場でありますように

0コメント

  • 1000 / 1000