ピネムの看板できあがり!ご訪問の際はこの看板を目印にいらしてください






ピネム史上、初の“つくりものイベント”(2015.5.3-4)は、ピネムの顔でもある看板作りでした。
2日間で見事ステキに仕上がりましたのでこちらにてご報告。



(※左奥に見える建物は今後リノベーションを加えていく予定です)

左上の虹の裏面には松ぼっくり、右上の小鳥の裏面には卵を抱く小鳥が。どちらもDちゃんとSちゃん作。貴重な連休つかって駆けつけてくれて本当にどうもありがとうございました!(DちゃんとSちゃんに幸あれ!





ちなみにこちらの ¡Bien Venido!(ビエン・ベニード!)はスペイン語で「ようこそ!」の意。ちゃお作。



早速この看板作りの模様をお伝えしたかったのですが、ワタクシとしたことが(いつもこんな感じなんですが)、作業中の写真が上の1枚のみ、です(汗)
2日目に至ってはゼロ・・・。ごめんなさい。
それだけ集中していたということで・・・。



人間が写ってる写真は1枚だけなのに、作業中看板の上に降りてきたマイマイガ(最近の私のキニナル彼No.1)はバッチリ写真におさめました。看板の上にやってくるマイマイガにいちいちギャーとかピーとか反応していたのは見事私だけでした。みんなオトナです。その冷静さ、見習いたいです。




初日のごはんは、去年畑で収穫した大豆と小豆いっぱいのドライカレー。



そして2日目は5品いろいろ盛りワンプレート
(お豆腐のハンバーグきのこソースがけ、キャロット・ラペ、トマトと葉わさびのサラダ、お豆ドライカレー、オニオンリング)

ちなみに今回来てくれた二人を簡単にご紹介すると、<抹茶好き前髪ぱっつん爽快イケメン(たまに毒舌)男子>と、<フリーハンド裁きが巧みな刺繍界の女神且つアゲアゲ(揚げ揚げ)姐様>だったのですが、トークがご想像の通り最高でした。ごちそう様です。

こーしてわいわいみんなで何かつくってわいわい一緒にごはん食べるっていう、こういうシンプルな空間を今年はたくさんつくっていきたいです。なぜって、楽しいから!それがいちばん。



野外キッチン、アースオーブン、アースバックハウス、こども用ブランコ、上床ベッドガーデン・・・今年はつくりたいものがいっぱいです。パートナーのあっくんとピネムの庭を眺めながら、いつもあーでもないこーでもないあれがあったらいいよこの場所がいいとか、ピネムの未来図を描くのに終わりが無いです。次はこのブログを見てくださってるあなたの訪問お待ちしてます。一緒にわいわい何かつくって美味しいもの食べて、そんな時間を、ぜひご一緒に。


(春のもみじもまた味わい深し!)


ちゃお 

ピネムの森

「大地にも人にも感謝を込めて」

仲間たちが出会い、つながって
自分の居場所や役割に戻っていく

いつの間にか忘れていた、遠い記憶に触れる
アート溢れる暮らしの場でありますように

0コメント

  • 1000 / 1000