STORY|ピネムの名前の由来


大きな松ぼっくりをつける20mほどもある一本のホワイトパインの木。
その足元に湧き出る泉。


これがこの場所のシンボルです。
シンボルと同時に、この2つの存在が、
「この場所にしよう!」と決めた理由でもありました。



ホワイトパイン(ストローブマツ)の松を英語にして『PINE』。
(通常「パイン」と読むところをここでは「ピネ」と読みます)

湧き出る泉は、アイヌ語で『MEM (メム)』。
ふたつをくっつけて、『PINEMEM』。

「ピネメム」と読むところを、文字は据え置き、「ピネム」になりました。


ホワイトパインはネイティブインディアンの中で「平和の樹」のシンボル。
メムは「芽生」という字のごとく、新しい命が生まれ芽吹くという意味もあります。


そして、真ん中の渦巻きはこの場所にたくさんのエネルギーが集まり、
融合し自分の居場所や役割へと巣立っていく。


そんな、あったかい場所にしたいなという気持ちをこめて。

ピネム(PINEMEM)をどうぞよろしくお願いいたします。


ピネムの森

「大地にも人にも感謝を込めて」

仲間たちが出会い、つながって
自分の居場所や役割に戻っていく

いつの間にか忘れていた、遠い記憶に触れる
アート溢れる暮らしの場でありますように

0コメント

  • 1000 / 1000