【カレンデュラ石けんの作り方】お菓子作りみたいでクセになる♪インフューズドオイルを仕込んだら是非作りたい石けんの作り方


石けんを手作りしたことがある方なら分かると思うのですが、石けん作り2大メンドクサイ事項が以下↓

①泡だて器でずっと混ぜ続けるの疲れる(20分~1時間程)
②ボウルやら泡だて器やら後片付けめんどくさい(付着してる苛性ソーダにもビビリますし)

しかしペットボトルで作るとどちらも解決☆

用意するものはコチラです↓(通常サイズの石けん4つ分)

□空の500mlペットボトル 2本
□温度計 2本
□ボウル 1個
□ゴムベラ 1本
□エプロン&マスク
□ゴム手袋
□電子測り
□新聞紙
□空の500ml牛乳パック 1本

□カレンデュラインフューズドオイル(オリーブオイル)   175g
□ココナッツオイル                         50g
□パームオイル                           25g
□精製水                               87g
□苛性ソーダ                             33g


さっそく作ってみましょう!




①各種オイルを計量しながらペットボトルに入れ、湯銭にかけて40~45度くらいにする

②もうひとつのペットボトルに精製水を入れ、冷水を入れたボウルで冷やしながら少しずつ苛性ソーダを投入。全て溶けるまでゆっくりボトルを揺らす。こちらも温度が40~45度になるまで調整

③オイルの入ったボトルに、苛性ソーダを溶かした精製水を加える。マヨネーズ状の硬さになるまで20分ほどシェイクし続ける

④牛乳パックの型にゆっくりと流し込む

⑤温度変化の少ない場所で一晩寝かせ、表面が乾いたら型出ししてナイフでカットする(ここでもゴム手袋必須)

⑥日の当たらない風通しのよい場所で約1ヶ月ほど乾燥&熟成させて出来上がり!


※使い終わったペットボトル、中に出し切れなかった石けん生地がもったいないと思いきや、これも一晩寝かせてお水を少し足すとジェル化して台所用洗剤などに使えます。



香りと見た目デザインを追及するには


普段使いなら無香料、単色でもいいと思うのですが、例えばちょっとした贈り物にしたい!来客がある日に使いたい!という時用にこんな工夫も。

【香り】
お好みのエッセンシャルオイル40滴を、型に流し込む前に生地に混ぜ込んでおきます。
私は今回、大好きなレモングラス20滴&パルマローザ20滴を使用。

【見た目】
カレンデュラのドライ花びらを細かく刻んで(粉状に近くなるまで)、同じく型に流し込む前に生地に混ぜ混んでおくとより本格的に。

2層で作りたいときは、材料半量ずつ違う生地で仕込んで作るのもいいですね(その場合始めの一層が固まってから二層を入れることになるので2日かかります)。


私が今回作ったのがこちらです↓

松本篤英(まつもとあつひで)♂ 

いわて八幡平市在住 宮崎県生まれ 。

3.11をきっかけに、15年間勤めた東京電力を退社し、

2011年 岩手県へと移住。

2012年〜2014年 『森と風のがっこう』で パーマカルチャー(エコロジカルデザイン)や環境教育、共同生活を体験

2014年〜2017年 いわて八幡平 地域おこし協力隊

2015年 ピネムの森 施設づくりを開始・起業、施設運営。

2017年 ピネムの森として独立

「さらに詳しい生い立ちや人生の葛藤を綴ったブログ」

ちなみに、 アースバッグ協会ワークショップの七期生です。  


facebook:https://www.facebook.com/akkyun0605

レターポット:https://letterpot.otogimachi.jp/users/41673


ピネムの森

「大地にも人にも感謝を込めて」

仲間たちが出会い、つながって
自分の居場所や役割に戻っていく

いつの間にか忘れていた、遠い記憶に触れる
アート溢れる暮らしの場でありますように

0コメント

  • 1000 / 1000